KUDO(プロレスラー)の娘が超低出生体重児と公表!アメブロ1位に!

 

DDTプロレスリングに所属するKUDOが、10月28日からアメーバブログを開始した。

 

KUDOは愛娘を紹介する記事をアップし、アメブロ急上昇ランキング1位を獲得。

プロレスラー総合ランキングでも1位を獲得した。

KUDOのプロフィール

出典:DDT

本名:非公表
身長:177cm
体重:80kg
生年月日:不明
血液型:不明
出身地:東京都
所属:DDTプロレスリング

 

2017年10月9日の試合中に意識を失い脳震盪と診断され、約一ヶ月の休業をしていたKUDO。

2017年11月11日のDDT所沢大会で、実戦復帰を果たした。

DDTプロレスリングは、最近サイバーエージェントグループの傘下に入った。

72時間ホンネテレビで、草なぎ剛がプロレスデビューしたのが記憶に新しいけど、草なぎが上がったガンバレプロレスは、DDTの関連団体である。

sponsored link

KUDOの娘は低出生体重児だった

 

KUDOが自身の公式ブログで、2016年に生まれた娘が『超低出生体重児(超未熟児)』であったことを公表した。

今日は娘をご紹介。

あまりの早産で産まれたときは、636グラムの超低出生体重児。

出産予定日を過ぎるまでずっとNICUでお世話になりました。

出典:KUDO公式ブログ

 

KUDO家で飼っている愛猫のクロウと一緒に寝そべる愛娘の写真や、KUDOの奥さんの元へ、ヨチヨチと一生懸命に歩き出す様子も紹介している。

KUDOのブログには、低出生体重児を持つ親からのコメントが殺到し、反響の大きさがうかがえた。

 

 

KUDOの娘は大きな手術を受けることもなく、順調に成長しているそうだが、リハビリや通院については続いていくとしている。

勉強不足であったが、超低出生体重児におけるリハビリとは、下記のような定義があるそうだ。

子どもによっては、慢性肺疾患、未熟児性網膜症、未熟児貧血、そけいヘルニア、全体的な身体発育の遅延、一過性神経学的異常、微細な行動学的異常などがみられることがあります

前述のような症状がみられた場合、発達全般に遅れが生じることがあり、必要に応じて様々な発達支援を行います。

この発達支援は子どもの特性を踏まえて、子どもとその家族を含めて行われるものです。具体的には生活リズム(睡眠と覚醒の調整)の安定化、呼吸機能及び運動発達の促進、食事、更衣等の生活動作獲得に向けた練習、そして家族指導を含めた家庭療育のアドバイス(家庭での抱っこの仕方、遊び、食べさせ方、寝かせ方)などです。

一般的に“リハビリ”という場合は、以上のことをまとめて言うことが多いです。また、子どもの場合には“リハビリテーション”とはいわず、“ハビリテーション(療育)”といわれています。

出典:超未熟児22週542g太陽君の成長記録

プロレスラーの父の遺伝子を受けついでいるはずだから、頑張って取り組んでいるに違いない。

KUDOはDDTの遠征で大忙しだろうが、KUDOの奥さんや家族の支えも得ながら、立派に娘さんを育てていたわけだ。

 

KUDOはブログの最後を「残念ながらパパ似」と締めているが、目元が本当にそっくり 笑

 

KUDOの公式ツイッターには、KUDOと娘の仲睦まじい様子が収められている。

KUDOの娘はキリッとした美人に育ちそうだ。

将来は女子プロレスラーになるのであろうか…

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高山善廣の現在の症状は頸髄完全損傷!回転エビ固めの動画あり

竹下幸之介に彼女はいる?小5でディーノに唇を奪われた?

高山善廣の容態(怪我)判明!対戦相手ヤス・ウラノは何を思う