WWEはDAZN(ダゾーン)で配信中!視聴方法早分かりガイド!

 

>>ダゾーンを無料体験する

1ヶ月完全無料で体験できます!無料期間中の解約でも料金は0円!

 

WWEを見るなら、JスポーツではなくDAZN(ダゾーン)がお得です。

 

ダゾーンは料金も安いし、RAWもスマックダウンもノーカットなんですよ。

年間3万円近く視聴料金が安くなる人もいるんです。

 

この記事では

  • DAZN(ダゾーン)でWWEを見るメリットとデメリット
  • ダゾーンの視聴料金や支払い方法

などを中心に、WWEをダゾーンで見る方法をご紹介しています。

>>ダゾーンを無料体験する

DAZN(ダゾーン)でWWEが配信開始!

 

DAZN(ダゾーン)では、2017年4月からWWEの配信が正式に開始されました。

ダゾーンで配信されているWWEの特徴は

  • RAWとスマックダウンLIVEをアメリカと同時刻帯で生配信
  • 日本語実況
  • 見逃し配信あり

といった感じです。

それぞれの項目についてご紹介しますね!

>>ダゾーンを無料体験する

RAWとスマックダウンの生中継は夢のよう!

 

知らない人もいるかもですが、15年くらい前はアメリカでの放送から3週間も遅れて放送されてたんですよ。

昔からWWEの放送をスカパーやケーブルテレビで見ていた人にとっては、RAWとスマックダウンが日本にいながらリアルタイムで見れるなんて夢みたいな話だと思うんです。

 

ダゾーンでの、RAWとスマックダウンの生中継時間は下記のタイムスケジュールです。

  • RAW(毎週火曜午前9時~)
  • スマックダウンLIVE(毎週水曜午前9時~)

アメリカ時間なので日本では朝早くからの放送ですが、RAWは3時間、スマックダウンは2時間の完全ノーカット配信です。

私は平日休みなので、毎週欠かさず生中継で見てます。

 

JスポーツではRAWは2時間、スマックダウンはハイライト版の1時間で放送されてるので、ストーリーラインが完璧じゃないんですよね。

とくに中邑真輔が活躍してるスマックダウンはちゃんと追いたかったので、私は迷いなくダゾーンを選びました。

>>ダゾーンを無料体験する

日本語実況はフミ斎藤さん!

 

ダゾーンのRAWとスマックダウンLIVEの生中継は、日本語実況で配信されます。

現地実況チームの音声はありませんが、プロレス実況に定評のあるアナウンスチームが担当しているので、まったく問題ありません。

 

高橋大輔(たかはしだいすけ)

出典:高橋大輔公式ツイッター

フリーアナウンサーの高橋大輔さんは、レッスルワンや新日本プロレス、K-1やRIZINの実況も担当した経歴もあります。

「プロレスオタク」と公言していることもあり、プロレス知識も豊富で安定した実況で楽しませてくれます。

>>ダゾーンを無料体験する

市川勝也(いちかわかつや)

出典:市川勝也公式ツイッター

フリーアナウンサーの市川勝也さんは、ドラゴンゲートやUFCの実況を担当している方です。

ドラゴンゲートの選手とも仲が良くて、よくツイッターに写真がアップれされるので、見たことある人も多いんじゃないでしょうか。

落ち着いた語り口なので、私も大好きなアナウンサーの一人です。

>>ダゾーンを無料体験する

土居壮(どいつよし)

出典:mixi

かつてWWF中継やWCW中継で日本語実況を務めた、土居壮さんも日本語実況チームに加わっています。

まさに正統派なプロレス実況で、楽しませてくれます。

>>ダゾーンを無料体験する

斎藤文彦(フミ斎藤)

出典:斎藤文彦公式ツイッター

土居壮さんといえば、斎藤文彦さんの名コンビ「ドイフミ」で有名ですが、ダゾーンのWWE中継の解説は、斎藤文彦さんが務めています!

スキットの内容も同時通訳してくれますし、圧倒的なプロレス知識をお持ちなので、日本語実況でも違和感なく楽しめます!

>>ダゾーンを無料体験する

見逃し配信は7日間

 

RAWとスマックダウンLIVEの生中継は、ダゾーンの見逃し配信でも視聴することが可能です。

注意してほしいのが、見逃し配信の期間は7日間ということ。

RAWは3時間、スマックダウンは2時間あるので、ゆとりを持って見ておくのがいいですね。

 

「どうしても時間がなくて見れない!」という場合もありますよね。

そんな時は、WWEのハイライト番組を視聴しましょう。

 

ダゾーンでは

  • RAWの1時間短縮版(日本語字幕)
  • スマックダウンの1時間短縮版(日本語字幕)
  • RAWのハイライト番組「ボトムライン」(日本語字幕)
  • スマックダウンのハイライト番組「エクスペリエンス」(日本語字幕)

が配信されてます。

それぞれ見逃し配信でも見れるので、時間が無い時でも安心ですね。

>>ダゾーンを無料体験する

DAZN(ダゾーン)の視聴方法は?

 

  • 「そもそもDAZN(ダゾーン)ってなに?」
  • 「DAZN(ダゾーン)ってどうやって視聴するの?」

って人も多いと思います。

 

2017年頃に堤真一と高畑充希、綾野剛が「ダゾーンだぞーん」って連発しているCMを見たことはありますよね?

簡単にいうと、スポーツ専門の動画配信サービスですが、WWEを見るために初めてDAZN(ダゾーン)を利用する人も多いと思うので、視聴方法をご紹介したいと思います。

 

>>ダゾーンを無料体験する

どんなスポーツが見られるの?

 

WWE以外にも、沢山のスポーツが視聴できるんですよ!

ざっとあげると

  • UFC
  • Jリーグ(J1、J2、J3)
  • ブンデスリーガ
  • セリエA
  • リーグアン
  • FAカップ
  • EFLカップ
  • コパ・デル・レイ
  • プロ野球
  • MLB
  • F1
  • Vリーグ
  • NBA
  • NFL
  • NHL
  • WTA
  • Bリーグ

などが視聴できます!

 

WWEと同じように、ライブ配信されるコンテンツが多くあるのが特徴ですね。

>>ダゾーンを無料体験する

利用可能端末は?

 

DAZN(ダゾーン)が視聴できる端末は下記の通りです。

  • テレビ
  • スマートテレビ
  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • ゲーム機(PS4・PS3・Xbox One)

JスポーツでのWWE中継と同じように、テレビで見ることもできるのが嬉しいですね!

>>ダゾーンを無料体験する

DAZN(ダゾーン)の視聴料金は?

 

DAZN(ダゾーン)の視聴料金は、月額1,750円(税抜)です。

登録日から1ヶ月は無料体験期間となり、無料期間中はいつでも退会ができます。

とりあえず無料登録してみて、使い勝手を試してみるのがいいと思います。

>>ダゾーンを無料体験する

ドコモユーザーはお得にダゾーンと契約できる!

 

ドコモユーザーは「DAZN for docomo」として、月額980円(税抜)で契約することが可能です。

ドコモの動画配信サービス「dTV」とセットで契約すると、月額1,280円(税抜)で、ダゾーンとdtvのどちらもお得に視聴できます。

>>ダゾーンを無料体験する

DAZN(ダゾーン)の支払方法は?

 

DAZN(ダゾーン)の支払方法は下記の通りです。

  • クレジットカード(VISA、MASTERCARD、JCB、AMERICAN EXPRESS)
  • デビットカード
  • PayPal

デビットカードは使えないものもあるので、基本的にはクレジットカード払いに限定されると考えていいでしょう。

ドコモユーザーなら、「DAZN for docomo」の利用料金と携帯料金を合算して口座振替でも支払いができるので便利です。

 

ドコモユーザー以外は、ダゾーンに登録するのにクレジットカードが絶対必要です。

クレジットカードを持っていないなら、年会費と登録料が完全無料の楽天カードでダゾーン用のクレカを作っておくのが良いでしょう。

今なら楽天ポイントが5,000ポイントもらえるキャンペーンも実施中です。


>>楽天カードに申し込む

DAZN(ダゾーン)でWWEの録画はできるの?

 

DAZNは「配信番組の録画には対応していない」というで、WWEの配信も録画して視聴することはできません。

さきほども説明しましたが、WWEのRAWとスマックダウンの生中継は、7日間の見逃し配信期間が設けられています。

再配信は一切ないので、必ず期間中に見ておきましょう!

>>ダゾーンを無料体験する

Jスポーツとダゾーンはどっちがお得?

 

日本語字幕のあるJスポーツでWWEを見るか、ダゾーンでWWEを見るか迷っている人もいることでしょう。

結論から言うと、ダゾーンでWWEを視聴する方が得策です。

 

一番のメリットは、ダゾーンの方が圧倒的に料金が安いこと。

スカパーをJスポーツを視聴しすると

Jスポーツ(月額2,286円)+スカパー基本料(月額390円)+チューナーレンタル料(月額900円)=3,576円×12=42,912円(1年総額)

以上の金額が必要です。

 

ドコモユーザーがダゾーンを利用してWWEを見るとすると

ダゾーン(月額980円)×12=11,760円(1年総額)

以上の金額になります。

 

つまり

42,912円ー11,760円=31,152円

年間で31,000円近くも料金が安くなるんですね。

 

スカパーのように録画ができないデメリットと、日本語実況に違和感を持たなければ、圧倒的にダゾーンでWWEを視聴した方がお得です。

>>ダゾーンを無料体験する

まとめ

 

DAZN(ダゾーン)でWWEを見るメリットが、少しでも伝わったなら嬉しいです。

私はJスポーツがダイジェスト放送になってショックだったので、迷わずダゾーンを選びました。

 

中邑真輔、イタミ・ヒデオ、ASUKA、戸澤陽らの活躍もあって、WWEの人気は高まってます。

最近WWEを見始めた人も、昔から見ていた人も、ぜひフルでRAWやスマックダウンを楽しんでほしいですね。

 

DAZN(ダゾーン)は「初回31日間無料」なので、このプレゼントを利用しないと損ですね。

>>ダゾーンを無料体験する

プ女子とすぐ友達になる方法!

プロレス好きな女の子と友達になる方法教えます。

いつも一人寂しく会場で観戦してる男性は必見です。

プ女子とすぐに友達になるにはこちら

 この記事へのコメント

  1. wweファン より:

    wweネットワークではRAWとSMACKDOWNは観れません(1ヶ月以上前の放送は過去の映像として視聴可)
    日本語実況の質は気になりますがライブ放送で観れる国内唯一のコンテンツになりますのでjスポーツに取ってはまたも脅威となりますね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

スコットホールが老け込んでお爺ちゃん化!なぜか新日本ジャージを着用

レッスルマニア34(2018)の試合結果速報!中邑真輔vsAJスタイルズは?

WWEのアスカのかわいい画像!吊り天井固めの瞬間も!

中邑真輔のロイヤルランブル優勝動画!AJスタイルズ戦はレッスルマニアのメインじゃ...

WWEの女子でかわいい(美人)選手をランキングで!人気のdivaは誰?

中邑真輔と嫁のなれそめや子供は?年収はWWEでいくら?