「有田と週刊プロレスと」を無料視聴

マサ斎藤の病気パーキンソン病の発症原因は?ファンの追悼コメントも

 

マサ斎藤さんが75歳で亡くなっていたことが、健介オフィスが明らかにしました。

マサ斎藤が患っていた病気「パーキンソン病」や、ファンの声をご紹介します。

 

先日はベイダーが亡くなったばかり…

プロレス界にとって寂しい訃報が続きますね。

マサ斎藤のプロフィール

 

名前:マサ斎藤(本名:斎藤昌典)
生年月日:1942年8月7日
出身:東京都中野区
身長:180cm
体重:120kg(現役時)
得意技:岩石弾、監獄固め

マサ斎藤の病気「パーキンソン病」とは

 

マサ斎藤は病気療養中であることが知られていましたが、2000年パーキンソン病を発症しています。

マサ斎藤は1999年2月に引退していますが、病気を患ったのは引退した翌年だったんですね。

2020年の東京オリンピックで聖火ランナーになることを目標に掲げ、日々リハビリに取り組んでいました。

 

パーキンソン病とはどんな病気なのか、専門サイトから引用します。

パーキンソン病は、脳の異常のために、体の動きに障害があらわれる病気です。

現在、日本には約15万人の患者さんがいるといわれています。

高齢者に多くみられる病気ですが、若い人でも発症することがあります。

出典:日本メジフィディックス

より具体的な症状として

  • 歩く速度の低下
  • 歩幅が狭くなる
  • 手足が震える
  • 腕や手足が凝り固まる
  • バランスを取れず倒れてしまう

といった症状が出てくるようです。

 

パーキンソン病は、神経伝達物質「ドーパミン」が減少することによって運動機能に影響が出ると言われていますが、原因は完全に解明されているわけではないようです。

マサ斎藤はプロレスによる体や脳へのダメージが蓄積していたでしょうが、パーキンソン病になったのはプロレスが原因と決めつけることはできません。

マサ斎藤死去にファンの声は?

 

往年の名レスラーマサ斎藤の死去に、プロレスファンはどんな反応を示しているのでしょうか。

▼今話題の記事

中邑真輔と嫁のなれそめや子供は?年収はWWEでいくら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)