『有田と週刊プロレスと』シーズン1の1話感想とネタバレ!

 

『有田と週刊プロレスと』シーズン1の1話あらすじと感想とネタバレを、ボンゴレビアン子(@yuka_pw)さんに語ってもらいました!

 

『有田と週刊プロレスと』は、アマゾンプライムビデオの中でも高評価が多く、現在はシーズン3まで配信されています。

アマゾンプライムビデオは無料視聴することが可能なので、詳しは下の記事を参考にしてみてください。

『有田と週刊プロレスと』を無料で見る方法はこちら

>>今すぐ「有田と週刊プロレスと」を視聴する

 

『有田と週刊プロレスと』シーズン1の1話あらすじ

 

『有田と週刊プロレスと』第1回のゲストは、プロレス初心者のピース綾部祐二さん。

1話で取り上げるのは、週刊プロレス1995年10月24日発売号です。

プロレスファンの間では歴史的一戦として有名な「10.9東京ドーム」をテーマに、有田哲平さんが語りまくる!!

NY行きを決めた綾部の心に突き刺さる有田語録。

綾部曰く、「突っ込むどころか、突き刺さりまくって正直ビックリですよ…!」。

そう、プロレスとは人生。

『有田と週刊プロレスと』は、あなたの人生をも変えてしまうかもしれない!

 

>>今すぐ「有田と週刊プロレスと」を視聴する

 

sponsored link

『有田と週刊プロレスと』シーズン1の1話感想とネタバレ!

 

こんにちは!

4歳からプロレスを見てる女子高生、ボンゴレビアン子(@yuka_pw)です!

プロレス365さんのライター募集に応募させてもらったのをきっかけに、記事を書かせていただくことになりました!

ツイッターではプロレスについて好き勝手に発信してて、生意気だとプチ炎上することもありますが、このように記事にしてもらうのは初めてですw

編集長からは「ツイッターみたいに好き勝手どうぞw」って言われてるんですが、初回なのでよそ行きモードですわい!

 

ということで、テーマは『有田と週刊プロレスと』シーズン1の1話の感想とネタバレです!

実はシーズン1の1話だけしか見たことがなかったんですけど、シーズン3まで記事を担当させてもらうことになりました。

どうぞよろしくお願いします。

 

まず、『有田と週刊プロレスと』のMCはお二人。

くりぃーむしちゅーの「有田哲平」さんと、元AKB48の「倉持明日香」さんです。

有田さんがプロレス好きなのは有名ですよね。

倉持さんは小橋建太のファンだってことは知ってるけど、どのくらいプロレス詳しいのかは未知数ですな!

 

『有田と週刊プロレスと』では、週プロをネタにプロレスを語っていきます。

最終的にはプロレスを通じて「人生に役立つ何かを教える」という素晴らしい意図が潜んでいるのです!

ちなみに毎回どの週プロが来るかは秘密らしい!

 

1話のゲストは、ピースの「綾部祐二」さん。

シーズン1が放送されてたことはまだアメリカ行きが決まったばっかりの時っぽくて、有田さんに「アメリカでなにすんのよw」とイジられまくる。

有田さんは「勝手に行くのはいいんだけど、この番組だけは辞めないでね」と無茶ぶりをしてましたw

 

ここで週プロの表紙が発表ー!

1話目の週プロは「1995年10月24日発売号」です。

Uインターvs新日本プロレスの対抗戦が、東京ドームで開催された時ですね!

表紙を見た有田さんは「はぁぁぁぁあ~」と思わず溜め息を吐いちゃいます。

 

綾部さんはプロレス素人だそうで、「タイガーマスク、馬場、猪木くらいしかわからない」んだって。

有田さんは「アメリカでもすぐ使えることがある」と断言w

 

「アメリカでは覚えなきゃいけない単語たくさんあるじゃん?自分のことは「I」相手のことは?「U」ですよ。ココ見て下さい。」と表紙を指すと、確かにUの文字がw

このボケを瞬時に繰り出せるのがさすがです。

「プロレスファンからすれば、UはUWFのUなんですよ」と嬉しそうに語る有田さんがいいなぁ~

 

表紙の武藤vs高田戦を語る前に、日本のプロレス界の歴史を解説する有田さん。

力道山の弟子が猪木、馬場であることに綾部さんもびっくり。

「他にも大木金太郎とかグレート小鹿とか入るんだから」とマニアックなお話に、綾部さんは当然ついていけてなかったのが面白かったw

「全日本プロレスで馬場が育てた有名な二人と言えば?」という有田さんの質問に、綾部さんは「ちょっと全く…」と答えに詰まるんだけど、「死んだ方がいいよね」と真顔で言い放つ有田さんが最高ですw

 

「じゃあ猪木さんが育てたのは分かるよね?」って有田さんが聞くんだけど、綾部さんの「ジャイアント・キマラ」っていう答えに、お腹抱えて笑っちゃいましたw

「キマラだけやたらインパクトあって急に出てきた」って、なんでやねん。

 

全日本プロレスと新日本プロレスの外国人選手の扱いについての話なんかは知らないことも多くて、かなり勉強になった!

有田さんのお話は分りやすくて素晴らしい!

 

新日本プロレスからUWFに別れた経緯や、UWFのスタイルについて、笑いを交えながら教える有田さん。

UWFを「狭いところで大喜利ずっとやってる感じ。だから通の人間が集まるのよ」とお笑いに例えたのは、なるほどなぁ~って思いました。

UWFが3団体に分裂したことを「ピカルの定理が終わってバラバラになったのとおんなじ感じ」と例える有田さんw

私はUの歴史について詳しくないですけど、有田さんのお話がわかり易すぎて頭にすーっと入りました。

 

新日本プロレスvsUWFインターが抗争するに至った経緯を解説するところでは、最近TVではあまり見ない有田さんお得意の長州力ものまねが披露されてますw

大会が開かれた経緯のみで、試合については全く触れられず、1話は終了w

 

最後に教訓が発表されます。

有田さんいわく「人生のメインイベントはためてためて出来るだけ引っ張る。小出しにしてはいけない。」

綾部さんは「思ってる以上に突き刺さりました」と感銘を受けてましたw

 

まじで有田さんのプロレス解説がちゃんと笑いになってて、話術がさすがでしたね~

あっという間の30分でした!

 

1番のハイライトは、綾部さんのキマラ発言かなw

 

有田さんて忙しいし、プロレスから離れてるのかな?って勝手に思ってたんだけど、現在進行系でプロレスを見てくれてるのがなんだか嬉しかった。

アメトークのプロレス芸人にもまた出てほしいね!

1話を見たあとに、高田総統の動画を見るとじわりますw

>>今すぐ「有田と週刊プロレスと」を視聴する

【募集中】バナー広告掲載のご案内

当サイト「プロレス365」では、バナー広告の掲載依頼を随時募集しております。

ご興味ある方は、ご案内ページをぜひご覧ください。

バナー広告掲載のご案内ページへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

「有田と週刊プロレスと」無料動画の視聴方法!星野源も絶賛!