チョコボール向井が脳卒中!病気の原因は?井上京子も駆けつける

 

FMW後期やWEW、IWAJAPANで活躍したプロレスラー『チョコボール向井』が、脳卒中で闘病していることを公表しました。

 

チョコボール向井が語る脳卒中の原因や、リハビリの経過についてご紹介したいと思います。

チョコボール向井が脳卒中による闘病を公表

 

チョコボール向井によると、脳卒中を発症したのは6月末だったようで、本人が経営するバー『チョコボールファミリー』で倒れてしまったそうです。

左半身に麻痺が残っており、言語障害も出ているようです。

 

現在はリハビリを続けており、経過は良好だそう。チョコボール向井も公式ツイッターでリハビリの内容を明らかにしています。

毎日少しづつですが、前に進んでいるみたいでほっとします。

チョコボール向井自身にも闘志があるように感じますし、応援したいですね。

sponsored link

脳卒中の原因は?

 

一般的に脳卒中の原因は、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの病気を持っていると発症しやすいと言われています。

参考:循環器病情報サービス

 

チョコボール向井自身も、脳卒中の原因について語っていますので引用したいと思います。

「飲みすぎと塩分の取りすぎが原因。お客さん相手の商売ということもあり、それまで飲めなかったのに、毎日ビールを10本飲んで、食事といえば肉ばかり。今になって、もう少し節制していればと後悔するばかりです」

出典:NEWSポストセブン

脳卒中は再発しやすいとも言われているので、生活習慣の改善を図る必要があるんでしょうね。

医者からも指導があるとは思いますが、少しでも後遺症が残らずに退院できることを願います。

 

ふとチョコボール向井が新日本プロレスに参戦した、永田裕志と対戦したことを思い出しました。

賛否両論あった試合でしたが、回り道して新日本の上がれる努力ができた人なんだから、絶対に病気にも打ち勝ってくれるでしょう!

 

お見舞いにはディアナの井上京子も来てくれたとか!

元気になったら、どこかのリングで顔見せてほしいな。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ケンドーカシンの自伝が発売!ベルト訴訟問題も赤裸々告白