サミキャラハンが新日本プロレスファンにウケた1つの理由とは

 

サミキャラハンの評判が上々みたいですね。

 

独特すぎる存在感と癖のありすぎるファイトスタイル。

新日本プロレスファンにどう受け取られるのか不安な選手でした。

サミキャラハンが新日本プロレスファンにうけた!

 

とっても心配だったんです。

サミキャラハンのファイトスタイル、新日本プロレスしか見ていないファンに受け入れられるのかということが。

 

どうやら、いらぬ心配だったようですね 笑

 

出典:サミキャラハン公式ツイッター

サミキャラハンは、2006年にプロレスデビューした、キャリア11年の選手。

1987年9月生まれの30歳。EVILと同い年!

アメリカのCZWや、大日本プロレスへの参戦歴もあって、『デス・マシーン』という異名を持ってる。

 

 

ワールドタッグリーグ2017では、ジュース・ロビンソンとのタッグチーム『デスジュース』としてエントリー。

2013年にはWWEのファーム団体NXTで、抗争を繰り広げていたことも。

 

11月18日の開幕戦ではメインイベントに抜擢されました!

 

EVILにドッロドロの唾を吐きかけたり、SANADAにはディーノばりのキス攻撃を仕掛けて、SANADAファンを奮えあがらせてました…

結果は優勝候補のロスインゴを見事に撃破。

 

 

ぶっちゃけ、インディー臭がプンプン2階席まで漂ってきそうな風貌もあって、ドン引きされて終わりだと思ってた!

ファンの声を見てみると、サミキャラハンへの好意的な声が多いのよね!

ジュースからは『Mr.キモい』と紹介されてたけど、変人ギミックのままワールドタッグリーグ2017を突っ走ってくれることでしょう。

 

 

サミキャラハンが新日本プロレスファンにうけた理由。

『こいつガチでやべぇ奴なんじゃねぇか』と、開幕戦で印象付けることに成功したからだと思うんです。

 

徹底したキャラクター作り、試合終了後のハイテンションなファンとの触れ合い。

新日本プロレスワールドで無料配信されていたので、動くサミキャラハンを目にしたファンは『なんかとんでもないのが来たな』と確実に思ったはず。

 

表情の作り方、観客の煽り方、近年来日した外国人プロレスラーの中でも、上位に入るんじゃないかな。

sponsored link

サミキャラハンの被害者が続々誕生

 

SANADAへのキス攻撃が話題になってたけど、タッグリーグ公式戦以外でヨシハシとフィンレ―が、サミキャラハンのキス攻撃被害にあってるみたい 笑

入場の時にはお客さんにもキスをしてるみたいなので、生観戦しに行く予定の方はご注意ください!

【募集中】バナー広告掲載のご案内

当サイト「プロレス365」では、バナー広告の掲載依頼を随時募集しております。

ご興味ある方は、ご案内ページをぜひご覧ください。

バナー広告掲載のご案内ページへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

川人拓来がツイッター開始4日で北村克哉のフォロワー数を抜く

クリスジェリコvs内藤哲也は大阪城ホール!ジェリコのロスインゴTシャツも話題!

タイチ(プロレス)は嫁のお船と離婚してる?素顔の画像や魚屋の現在の様子!

ジェイホワイトはしょっぱい?外道と組んだ理由を考察!

新日本プロレスとブシモの重大発表の内容は?内藤哲也vs木谷が実現!

内藤哲也のスペイン語一覧まとめ!ロスインゴベルナブレスの意味は?